ピアノ 運搬 費用

ピアノの運搬費用を安くする方法@お得引っ越し

ピアノ 運搬

ピアノ 運送

ピアノ 運ぶ

ピアノ 宅配

 

ピアノの運搬は大きくて重いので大変ですね。
しかも高価なので、安全に運びたいものです。

 

安全かつ簡単、さらにできるだけ安く運びたいと思いませんか?
それなら運搬のプロ、引越し業者がオススメです!!

 

でも、ピアノの運搬を扱わない引越し業者もありますので、一括見積もりを利用しましょう。

 

ピアノ 運搬

一度の情報入力でピアノの運搬を扱う引越し業者からの見積もりを取ることができます。

 

複数の引越し業者からの見積もりを比較すれば、1番安く運んでくれる業者もすぐにわかります。

 

実はあまり知られていませんが、ピアノを2階へ運んでほしい場合などでも引越し業者が対応してくれるのです。
是非、引越し業者一括見積もりをお気軽にご利用ください!

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越し業者のオプションサービス

 

引越し オプションサービス

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。

 

・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

引越し業者の中でも、ピアノの運送は扱っていないところもあります。
ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬サービスのオプションにチェックを入れて見積もりを依頼してください。
そうすればピアノを扱っていない業者は弾かれます。

 

ピアノを運んで音が狂ったときのために、調律のサービスがあるところもあります。

 

エアコンの移設は、引越し前に取り外して引越し後に取り付けを依頼しなければならないため面倒なのです。
オプションで「エアコンの移設」にチェックしておけば、引越し業者が代理でやってくれるので大変便利です。

 

ほかにも長距離の運転が苦手な方には車の陸送サービスがおすすめです。

 

今どきなのサービスだと思うnが、盗聴器を探すサービスです。
前の住人がターゲットとなった盗聴器が残されているかもしれません。コンセントに内蔵されていたら、自分で発見するのは難しいですね。

 

どんなサービスが必要なのかも引越し業者業者を決める際の目安になりますね。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

ピアノ 引っ越し 繁忙期

 

引越しは3月がもっとも数が多く、この時期を繁忙期と呼びます。

 

新学期を前に、新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込みます。
また春の大規模な人事異動により、サラリーマンやその家族も引っ越しをします。

 

ですから繁忙期は引っ越し費用が1年で最も高いのです。
これはピアノの運搬だけを依頼する場合も同じです。

 

転勤は遠距離であることも多いので、引越し費用がかなりかさみます。
繁忙期で家族での遠距離引越しだと、冗談抜きで「100万円かかる」と言われることもあるそうです。

 

できるなら、繁忙期の引っ越しは避けましょう。
先に必要なものだけを運び、繁忙期が終わってから本格的に引っ越しするなどできれば、引っ越し費用を抑えることができますね。

 

どうしても繁忙期を避けられないのであれば新居を早く決めて一括見積もりを依頼し、引越し業者と契約しておきましょう。
遅くなればなるほど条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪なことに依頼を断られるのです。

 

昨今のトラック運転手不足により、繁忙期は受付できないことが本当にあります。
繁忙期の引越しはスピードが命です。

 

 

レンタカー引越し

 

引越し レンタカー

 

レンタカーのトラックを借りて、ピアノを自分で運べば運搬費用が安くあがるのでは・・・?
誰しも一度は頭をよぎるかと思いますが、実際のところはどうなのでしょう?

 

まず一般の人が持っている普通免許で借りることのできるトラックは2t未満ですから、1tか1.5tか軽トラックのいずれかで作業することになります。
荷台のサイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

ピアノのほかに運ぶものがないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。
費用はどのトラックも1日7000円〜10000円程度で借りることができますが、この他に使った分のガソリン代も必要です。

 

ピアノ運搬で問題となるのが重さと大きさ、そして運ぶ距離です。
遠距離は自分で運搬するのはオススメできません。

 

ピアノは100kgを超えるものも多く、とにかく重くて大きい上に高価な楽器です。
自力で部屋から出して段差を超えてトラックに運ぶことがでしょうか?

 

それが出来るならピアノを安く運ぶことはできますが、危険なので古くてあまり価値のないピアノでない限りオススメはできません。
ピアノの運搬は専門スタッフにお任せしましょう。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの際にはすることが多くて大変疲れます。
大まかな手順を先に確認しておきましょう。

 

引越しが決まったら大家さんや管理会社に退去の意向を伝えてください。
新しい入居者を探す手続きが必要なので、最初に伝えるのがベストです。

 

そして引越し業者への見積もり依頼ですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。
ですから先に新居を探して、新居が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。
不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。
そうでないと、不用品を運ぶ費用もかかってしまいます。粗大ごみは特にご注意ください。

 

引越し2週間前から役所に転出届を出すことが出来ます。市外へ引越しする場合に必要です。

 

電気・ガス・水道・ネットなどのインフラは、1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて精算の手配をしてもらってください。

 

郵便物の引越し手続きも必要です。
最寄りの郵便局で転居届を出せば、1年間だけ郵便物を新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越し当日ですが、だいたいは引越し業者にお任せください。

 

いくつか自分で運ばなければならない荷物があります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。

 

家具や家電の配置場所は、あらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。紙に書き出して置くと便利です。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
大まかではありますが、このような手順になります。

 

 

さまざまな手続きについて

手続きと手順

他の市区町村から新住居に引っ越した際に、その住所を管轄する市区町村役場に出す書類です。
住み始めた日から該当しますので、まだ住み始めていないのであるなら転入届は提出できません。提出期限は、住み始めた日から14日以内です。法律では「住み始めてから十四日以内に転入届をしない者は五万円以下の過料に処する」となっています。この期間を過ぎても提出する事は出来ますが、その過ぎた日数や理由が不適切である場合、裁判所から過料を求められる事もありますので、お気をつけ下さい。届出人は、本人又は世帯主、代理人のいずれかになっています。代理人が代行で書類を届ける場合は、委任状が必要となりますのでご用意下さい。

 

その際の委任状はご自身で作成する事も出来ますし、簡単に作りたいのであるならインターネットから印刷して作成することもできます。提出する時に必要な書類は、転出証明書、印鑑、身分証明書です。これらを持参の上、窓口にある書類(住居異動届)に記載し提出しましょう。顔写真のある身分証明書であるなら1点で認められます。顔写真が付いていない身分証明書(健康保険被保険者証?年金証書など)は2点提示する必要があります。

 

もし「転出届証明書」を無くしてしまったら、旧住居の市区町村役場でその事を伝え、そこで「転出証明書の代わりとなる証明書」を交付してくれます。それを持って各手続きに出向きましょう。

 

引っ越し先が急遽変わってしまっても、一から転出届の手続きをする必要はありません。今ある「転出証明書」で大丈夫です。

手続きと手順一覧